貨物輸送サービス

安全運航について(3) 車両固縛方法、積荷固定について

車両には、車両自体の移動防止固縛を行うための十分な「リング」が必要です

本船では、カーストッパー等の固縛装置を使用していますが、車体側にカーストッパーを着脱するためのリングがないと固縛できません。また、せっかくリングがついていても、適切な場所にリングがないと固縛できなかったり、固縛しても有効に働きません。
次の写真の例のように、十分なリングを付けてください。

“押さえつけるだけ固縛”には、大きな欠点(横移動)があります

押さえつけるだけの固縛は、例え固縛が緩まなくても、横移動には全く無力の固縛です。どうしても、この方法に固執するとなれば貨物全体を大回しして固縛する方法があります。


荷物の隙間は、移動の原因になります

荷物に隙間があると、不十分な固縛による移動と同じく、荷物が移動する原因になります。基本は、隙間全体を埋める必要があり、隙間に角材等を入れたりしてください。形状が安定していない積荷にたいしては十分な転倒防止対策を行ってください。海上の状態により積替えをお願いすることがあります。

運送人(陸送・海運会社)が航海に耐える固縛を行ってこそ安全運航が確保できます

当社は、荷主が安心して輸送できるシステムの確立に努め、荷物の品質確保及び安全運航に努めていきます。

 
このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ