貨物輸送サービス

モーダルシフト

モーダルシフトとは

貨物の輸送手段をトラックなどの陸上輸送から、船舶(内航船・フェリー等)や鉄道といった環境にやさしく大量輸送が可能な輸送モードへ転換することを「モーダルシフト」といいます。

現在、国内物流の大半を占めている陸上トラック輸送に比べ、海上輸送の二酸化炭素(CO2)排出量は約1/3。海上輸送へのモーダルシフトは、地球環境保全に大変有効です。国土交通省では、鉄道・海運のインフラ整備や「グリーン物流パートナーシップ」の枠組みによる補助金支援など、モーダルシフトを活用した物流の効率化、環境負荷軽減の取り組みを行っています。

エコシップマーク

環境対策に貢献する企業へのバックアップを目的に、平成20年7月、国土交通省海事局とエコシップ・モーダルシフト事業実行委員会は「エコシップマーク認定制度」を設立しました。海運事業者により推薦された海上輸送を一定程度利用するモーダルシフト貢献企業は、選定委員会で選定され、国土交通省海事局長表彰を受けるとともにエコシップマークの使用が認められます。
詳しくはエコシップ・モーダルシフト事業実行委員会ホームページをご覧ください。

モーダルシフトの意義について

企業は「改正省エネ法」の下、エネルギーを効率的に活用することが義務付けられています。また、地球温暖化対策としてCO2排出削減も求められています。

グラフ:1トンの荷物を1キロメートル運ぶのに排出される二酸化炭素の量
国土交通省ホームページより

モーダルシフトの利点

内航船・フェリー・鉄道による輸送は、1トンの荷物を運ぶ際に排出するCO2の量が営業用貨物車に比べて大変少ないため、モーダルシフトはCO2排出削減に大きな効果があります。

モーダルシフト導入による陸上輸送区間の短縮は、トラック運転手の労働力不足や長時間労働の改善、トラック事故の削減にも役立ちます。

周りを海に囲まれた日本では、利用地近くの港から目的地近くの港まで内航船やフェリーを利用することにより環境に配慮した効率的な輸送が実現できます。

Co2削減効果の事例

CO2排出量(kg-CO2) = 輸送距離 × 輸送量 × 原単位 × 1/1,000

事例A:CO2を64%削減

事例B:CO2を61%削減

事例C:CO2を66%削減

具体的な地名での算出をご希望される方は、長距離フェリー協会ホームページ内のCO2削減効果算出サービスをご利用ください。

お問い合わせ先

商船三井フェリー株式会社
営業一部
TEL:03-6774-6885 FAX:03-6774-6905
営業二部
TEL:03-6774-6886 FAX:03-6774-6906

このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ