貨物輸送サービス

海上輸送

海に囲まれた日本では、長距離輸送に船舶を利用することでより安全に、より確実に貨物を目的地まで運ぶことができます。海上輸送は、定時性にすぐれた安全性の高い輸送手段なのです。
さらに無人航送はドライバー不足の解消、輸送コストの軽減を図ることも可能。これらのメリットにより、海上輸送の需要は大きく拡がっています。

環境にやさしいフェリー・RORO船による輸送は、陸上輸送に比べCO2排出量が約3分の1。商船三井フェリーの海上輸送は社会問題となっている海洋・地球環境保全に大きく貢献しています。

当社は、北海道/首都圏/九州の主要港を結び、年間20万台を超えるトレーラ貨物と10万台の商品自動車を取り扱う海上輸送サービスを提供しています。各船舶には電源供給設備を備えており、冷凍食品・野菜類・肉類など、電源を必要とする冷凍冷蔵車両も安心して乗船することができます。従来輸送できなかった危険品も規制が緩和され、一部輸送が可能になりました。*

北海道航路<フェリー>では大洗〜苫小牧を、九州航路<RORO船>では東京〜博多東京〜苅田(北九州)を運航しております。 北海道から九州までの一貫輸送も可能です。

*量、形態によりますが詳しくは当社までお問い合わせください。

このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ