企業情報

プレスリリース

報道各位

2006年12月01日
商船三井フェリー株式会社

商船三井フェリー 「さんふらわあ知床募金」を知床財団へ寄附

商船三井フェリー株式会社(本社・東京 社長中村清次)は2006年11月21日(火)、2005年11月1日より2006年10月31日まで弊社運航旅客フェリー「さんふらわあ」船内及び本店、苫小牧と大洗の両店にて実施しました「さんふらわあ知床募金」で集まった48万6,995円を財団法人知床財団に寄附しました。
「さんふらわあ知床募金」は首都圏(水戸・大洗)〜北海道(札幌・苫小牧)の旅客フェリーを運航し、北海道の人流、物流に強く関わる弊社として、2005年7月にユネスコ世界自然遺産に認定された知床の自然を守る事に微力ながら貢献したいとの目的から開始し、弊社旅客フェリーにご乗船いただいた多数のお客様からのご理解とご協力をいただく事ができました。

また、弊社旅客フェリーは、来年4月までに全ての船名に「さんふらわあ」を冠し、「さんふらわあ さっぽろ」、「さんふらわあ ふらの」、「さんふらわあ だいせつ」、「さんふらわあ しれとこ」と北海道の地名を付け運航を予定しております。
これを機に北海道のイメージが一層強くなった弊社船隊と共に引き続き北海道の自然保護活動に微力ながら貢献していきます。

このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ