企業情報

プレスリリース

2004年06月30日
開発協力会社(50音順)
商船三井フェリー株式会社
東京牛乳運輸株式会社
ドコモ・センツウ株式会社
ふそうエンジニアリング株式会社

「海陸一体ネットワークシステム」開発に成功
車両運行管理システムが海上輸送中もリアルタイムに!!

日本の沿岸を航行する船舶の中では、株式会社NTTドコモのパケット通信(DoPa(R))は使えないが、同社の衛星パケット通信(ワイドスター(R))を利用することにより、海上輸送中でも陸上と同様に、リアルタイムな車両運行管理ができるようになりました。

東京牛乳運輸(株)では、ふそうエンジニアリング(株)の車両運行管理システム「FTSS」をトレーラーに搭載し、自社開発したトレーラー運行管理システム「T-TOCS」を使用して、無人運行しているトレーラーの運行・品質の管理を行なっています。

これをさらに発展させ、長距離フェリー等を使用した海上輸送中でもトレーラーの状態をリアルタイムに把握できる「海陸一体ネットワークシステム」を開発しました。

商船三井フェリー(株)では、フェリー「さんふらわあ つくば」と「さんふらわあ みと」の2隻に、株式会社NTTドコモのワイドスターを設置して、トレーラーを搭載するデッキに無線LANが使用できる環境を構築しました。

一方、乗船するトレーラー側は、ふそうエンジニアリング(株)の「FTSS」に加え、ドコモ・センツウ(株)の車両運行支援システム「デジタルラポ」を搭載することで、DoPaと無線LANを介したワイドスターとを切替える機能を実現しました。

これにより、陸上輸送中はDoPa網を経由し、海上輸送中はワイドスターの衛星パケット網を経由することで、リアルタイムにトレーラーの運行管理ができるようになり、東京牛乳運輸(株)では高品位な輸送業務を実現しました。

今のところ販売価格等、詳細は決まっておりませんが、夏以降にシステム利用の募集を始め、年度内には広くサービス提供する予定にあります。

※「Widestar\ワイドスター」「DoPa\ドゥーパ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。


海陸一体ネットワークシステム構成図 [PDF 497KB]

本件に関する問合せ先

商船三井フェリー株式会社
貨物営業一部
TEL:03-5501-1870

このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ