企業情報

プレスリリース

報道各位

2007年01月18日
川崎近海汽船株式会社
商船三井フェリー株式会社

東京/苫小牧間定期航路の休止及び共同運航解消のお知らせ

川崎近海汽船株式会社(代表取締役社長:荒木 武文、本社:東京都千代田区)と商船三井フェリー株式会社(代表取締役社長:中村 清次、本社:東京都港区)は、この度、下記のとおり東京/苫小牧間の定期航路を本年3月末で休止し、共同運航を解消することといたしましたのでお知らせいたします。

1975年(昭和50年)北海道/首都圏間の大動脈として、苫小牧〜東京間に「貨物フェリー」として営業を開始、1999年(平成11年)からは、現在の高速船での運航を行い、今日まで30有余年に亘り、北海道と本州を結ぶ幹線航路として、その役割を担って参りました。

しかしながら、当該航路運営は昨今の原油価格高騰の影響により現行のまま本航路を継続することはきわめて困難な状況となり、現在まで合理化対策等の諸施策を行い、航路の維持、ご利用の皆様への安定的サービスの提供を目指し航路運営に努めて参りましたが、両社による合理化努力では限界があり、誠に遺憾ではありますが、2007年3月(平成19年3月)をもって、本航路を休止することを決定いたしました。

東京/苫小牧間定期航路休止の概要

東京/苫小牧間内航貨物定期航路事業 両社1隻ずつ配船によるデイリー運航の休止、運賃プール方式を採用した共同運航の解消。

本件に関する問合せ先

川崎近海汽船株式会社
フェリー部 担当:中村
TEL:03-3592-5860

商船三井フェリー株式会社
営業企画部 担当:勝海
TEL:03-5501-1852

このページの先頭へ
 

サイトのご利用にあたって

プライバシーポリシー

運送約款

サイトマップ